未来義塾

勉強中に音楽を聴くメリット・デメリットとは

お問い合わせはこちら

勉強中に音楽を聴くメリット・デメリットとは

勉強中に音楽を聴くメリット・デメリットとは

2022/09/15

勉強中に「音楽を聴きながら勉強している」という方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。
今回はそんな勉強中に音楽を聴くメリット・デメリットについて見ていきたいと思います。

勉強中に音楽を聴くことについて

勉強は静かな空間の方が勉強に集中できる方もいれば、少し音がある方が集中できるなどその人によって違います。
では、勉強中の音楽にはどんなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

音楽を聴くメリット

勉強中に音楽を聴くことのメリットは「勉強が持続しやすい」というところです。
勉強していると、どれくらいの時間がたっているのか分かりづらいという点があります。
長時間勉強していたつもりでも、実際にはそんなに時間がたっていない時などやる気が低下してしまうことはありませんか?
音楽を聴くことで自分の世界に入り込み勉強に集中でき、時間が過ぎるのが早く感じるようです。

音楽を聴くデメリット

音楽を聴きながら勉強するデメリットは「音楽に集中してしまう」ことです。
無意識の中でも頭の中に歌詞が浮かんでしまい、勉強よりも音楽の方に気がとられてしまいます。
そのため、勉強への集中力が薄れてしまうため勉強の効率が悪くなります。
また、受験やテストなどでは音楽は流れません。
緊張してしまい普段の力が出せないことがあるため、普段から受験を意識した環境での勉強も大切です。

音楽にはリラックス効果があるため、休憩中や頭をリラックスさせたい時におすすめです。
勉強にもメリハリが大切です。
自分に合った音楽をうまく活用し、上手に取り入れてみてはいかがでしょうか。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。