未来義塾

ノートの取り方を解説

お問い合わせはこちら

ノートの取り方を解説

ノートの取り方を解説

2021/12/05

授業を受けた時には、教わったことをノートに取りますよね。
ノートを取る時には、どのようなことを意識していますか?
今回は、ノートの取り方について解説します。

ノートの取り方を解説

記号や略語を活用する

ノートを取る場合には、記号や略語を活用しましょう。
長い文章をだらだらと書いてしまうと、なかなか内容が頭に入ってこないことがあります。
そのため、短く略せる単語や記号で表記できる単語はそのようにに表記するようにしましょう。
文章が簡潔になりわかりやすくなります。

短くポイントをまとめる

ノートを取る時は、大事なポイントを出来るだけ簡潔に書くことです。
大事だからといって、丁寧に長い文章で説明を残しても残念ながら意味がありません。
長い説明よりも、大切なポイントだけを簡潔にまとめましょう。

イラストや図を書く

ノートを取る時には、文章だけではなくイラストや図を書くようにしましょう。
文章だけのノートよりも、メリハリがつき見やすくなります。
イラストや図を書くことが苦手な人は、教科書のイラストをコピーして貼り付けるなどの工夫すると良いでしょう。

色は3色以内

ノートを取る時は、使用するペンの色は3色以内にしましょう。
ノートを取る時に、沢山の色を使う人がいますが、それは逆効果かもしれません。
どこがポイントなのかが分かりづらいうえに、ガチャガチャした印象があり読むのが疲れてきます。
基本は黒のペンを使用し、大事なポイントだけに色をつけると良いでしょう。

まとめ

今回は、ノートの取り方を解説しました。
「後で見返した時に見にくい…」なんてことになると、せっかくノートを取っても意味がなくなってしまいます。
ノートの取り方を意識して見やすいノートにしましょう。
八王子にある学習塾「未来義塾」では、生徒一人一人に合った指導を行っています。
「効率的な勉強がしたい」とお考えのかたはぜひ当塾にご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。