未来義塾

名字の言 母の顔を思い浮かべれば……

お問い合わせはこちら

名字の言 母の顔を思い浮かべれば……

八王子市徹底責任個別指導 
未来義塾✎✎

名字の言 母の顔を思い浮かべれば……

2022/06/10

名字の言 母の顔を思い浮かべれば……2022年6月10日

 思春期を迎えた息子の気ままな言動に悩む夫妻が、ある壮年部員に相談した。

一家をよく知る壮年は、答えに窮した。

考えた揚げ句、壮年は言った。

「わが家では子どもにこう教えています。『物事の判断に悩んだときは、それを実行したら、お母さんがどんな顔をするのかを想像しなさい』と」。

心の中の母親が“笑顔”なら果敢に挑戦しよう。

失敗しても、それは敗北ではない。

逆に“悲しい顔”なら、目先の損得などに惑わされず、絶対にやらない、との趣旨だった。

この話を伝え聞いた息子は、その後、態度が改善したという。

「母を思う」――この心のある人は、人生を正しい軌道で歩んでいけるだろう。

それだけでなく、他者との接し方も変化するはずだ。

例えば、誰かの誤りを正すにしても“この人にも大切な母がある”と思えば、感情的に責めるのではなく、真に蘇生を願う慈しみの言動で対応できるのではないか。

池田先生は「『母を悲しませない心』『母に喜んでもらう心』――それこそが、平和を創る出発点である」と語る。

人は皆、母から生まれる。

人としての感謝、幸福の出発点にもまた、「母」の存在があろう。

わが母はもちろん、心美しき慈母たちを深く尊敬し、報恩を尽くしたい。(城)

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。