未来義塾

アメリカ創価大学 第18回卒業式

お問い合わせはこちら

アメリカ創価大学 第18回卒業式

アメリカ創価大学 第18回卒業式

2022/05/31

「世界人権宣言」の作成に尽くしたブラジル文学アカデミーのアタイデ総裁と会見する池田先生
(1993年2月、リオデジャネイロ市内で)

https://youtu.be/n9fsGdIT4dU

アメリカ創価大学 第18回卒業式から  2022年5月30日

平和と人道の連帯を勇気凜々と

 

池田先生のメッセージ

差異を超えて「人間尊敬」の道を
創価の世界市民の真価を発揮し 使命の舞台から21世紀を晴らせ

 一、使命深き18期生の皆さん、また、大学院新教育プログラムの7期生の皆さん、晴れのご卒業、誠におめでとう!
 いつにもまして、ご苦労の多い中、勝利の日を共に迎えられたご家族にも、心よりお祝い申し上げます。
 人類の宝たる英才たちを支え育んでくださった教職員をはじめ、全ての関係者の方々、誠にありがとうございます!
 今この時、まさに試練の時代に旅立つ皆さんへ、私ははなむけとして「創価の世界市民の真価を勇気凜々と発揮せよ」と贈ります。
 世界市民にとって普遍の規範というべき「世界人権宣言」――その作成に重要な役割を果たされたブラジル文学アカデミーのアタイデ総裁の最晩年、私はご一緒に対談集『21世紀の人権を語る』を発刊し、採択までの尊き歴史を留めました。
 東西冷戦下の当時、政治情勢、思想・信条の相違などから議論は激しく対立し、紛糾する中で、最も力を注いだことは何であったか――。
 それは、「世界の各民族の間に“精神的なつながり”を創り出すこと、すなわち、“精神の世界性”を確立すること」であったといいます。
 皆が同じ「人間」という原点に立ち返り、「共通の目標」へ粘り強く語り合う中で、やがて対立を乗り越え、ついに世界人権宣言が採択されたのです。
 私には、この奮闘の昇華が、コロナ禍にも負けず、世界から集った友と熱い議論を交わしながら、共に学び抜き、「平和の建設者」として力を磨き上げてきた卒業生の皆さんの青春と、深く重なるように思えてなりません。
 一、本日、来賓としてお迎えしたシリン・エバディ先生は、投獄など命にも及ぶ迫害にも屈せず、人権と人道の信念の闘争を貫いてこられました。
 先生は2003年、ノーベル平和賞受賞記念のスピーチで、「世界人権宣言」の精神に触れつつ、“21世紀を暴力から解放する唯一の道は、人種、性別、宗教、国籍、社会的な立場の違いを超えて、全ての人々の人権を理解し、擁護する実践にある”と叫ばれました。
 生命尊厳の哲学を体し、価値創造の力を蓄え、人間尊敬の連帯を培ってきた皆さんは、創価の世界市民の真価を、いよいよ賢くたくましく朗らかに発揮し、自らの使命の舞台から21世紀を明るく晴らしていただきたいのです。
 かけがえのない皆さん一人一人と、私はこれからも陽光きらめく「平和の池」の畔で語らう思いで、健康幸福と栄光勝利を祈り抜いてまいります。
 最後に「君よ、あなたよ、地球民族を照らす“希望の光”と輝け!」と申し上げ、お祝いの言葉とします(大拍手)

米カリフォルニア州オレンジ郡アリソビエホ市に立つアメリカ創価大学のキャンパス。科学棟や新学生寮など新たな建物が完成し、学生第一の教育環境が一段と充実する

アメリカ創価大学 第18回卒業式

母校からの巣立ちの時を迎えた18期生たち。
ある卒業生は、コロナ禍で対面の卒業式を行えなかった16、17期生に思いをはせた。「先輩たちに感謝の連絡をしました。自分のことのように、私の卒業を喜んでくれたことが嬉しかった。SUAで刻んだ絆は永遠です」

式典後、使命の大空へ高く飛翔しゆく誓いを込めて、角帽を投げ上げる卒業生

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。