未来義塾

名字の言 青ネギ栽培に挑む福井県の青年農業者

お問い合わせはこちら

名字の言 
青ネギ栽培に挑む福井県の青年農業者
 
八王子市徹底責任個別指導
未来義塾✎✎

名字の言 青ネギ栽培に挑む福井県の青年農業者

2022/04/12

二十四節気の清明(4月5日)を迎え、全てが清らかで明るく見える季節となった。

色とりどりの花が咲き、木には若葉が芽吹き、いつもの道もカラフルに。

「生命は常に成長します。同じ光景は一日たりともありません」と、福井県の青年農業者は言う。

「農業は生命の力を実感し、季節を感じる仕事です。何より、人の命を支える『食』を生産する、一番なくてはならない聖業だと自負しています。」

青年は6年前から地域の特産物を作るプロジェクト――青ネギ栽培に挑戦している。

1年目は思わしくない生育に出荷すらできず、2年目は季節外れの台風で作業棟が倒壊。

失敗を繰り返し、軌道に乗ってきたのは、ここ3年ほど。

現在は、地域でトップクラスの生産量を誇る。

「困難に直面した時、おやじのすごさが初めて少し分かった気がします。」

青年の父親は菊作り30年の人。

「何でもそうですが、失敗したことしか身に付きません。悩み、壁にぶつかり、困難と格闘するなかでしか身に付きません」と。

困難は、自分自身が屈しない限り、必ず幸福の種に変わる。

新年度が本格的に始まった。

地域でも職場でも、新しい力がみなぎる。

生まれ変わったような清新な息吹で、新たな挑戦を始めたい。(川)

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。