未来義塾

創価大学・創価女子短期大学・入学式 池田先生のメッセージ

お問い合わせはこちら

創価大学・創価女子短期大学・入学式 
 池田先生のメッセージ

八王子市徹底責任個別指導
未来義塾✎✎

創価大学・創価女子短期大学・入学式 池田先生のメッセージ

2022/04/04

地球民族を結び高める学究と創造の翼たれ
艱難を飛翔の力に変え「王者の青春」を堂々と

20世紀を代表する歴史学者・トインビー博士と池田先生の2度目の対談(1973年5月、ロンドンで)。

前年5月の対談と合わせて40時間に及んだ両者の語らいは、対談集『21世紀への対話』として結実。同対談集は世界31言語に翻訳され、“現代の百科事典”とも評される

一、ある春、草創の創大の教職員と入学式を前に語り合ったことがあります。
 ――桜の花を愛でる時には、その木を植え、丹精込めて育て上げた桜守の方の労をしのびたい。

それと同じように、最優秀の英才を送り出してくださったご家族方への感謝をゆめゆめ忘れず、そして宝の新入生が一人ももれなく幸福勝利の花を咲かせられるよう、我らは全身全霊で支え、守り、育んでいこう!と。

満開の桜に祝福されて入学された創大52期生、短大38期生、ならびに通信教育部の皆さん、また大学院生、そして留学生の皆さん、誠におめでとう! ご家族の方々にも、心からお喜び申し上げます。 

建学の精神を深く分かち合う鈴木新学長をはじめ教職員の方々、どうか、よろしくお願いいたします。

皆でさらに力を合わせて、人類の希望の柱たる「平和のフォートレス」を若き知性の人華で爛漫と飾りゆこうではありませんか!

一、晴れの出発に一言、「地球民族を結び高めゆく学究と創造の翼たれ!」と贈りたい。
 きょう4月2日「開学の日」は、創価教育の師父である戸田城聖先生の祥月命日であります。

戸田先生は常々「この地上から悲惨の二字をなくしたい」と熱願し、そのために「地球民族の人格を最高の価値にまで引き上げるのだ」と訴えられました。この遠大なる夢の実現へ、私は対話の波を起こしてきました。

50年前、対談を開始したトインビー博士とは、「人生のさまざまな挑戦に応戦して打ち勝つ人間本性の力」を、いかに高めるか、また「人類の生存を脅かす諸悪と対決し克服する力」を、いかに結び合うかを巡り、縦横に論じ合いました。

そして科学技術の急速な向上をもリードできる「人間の尊厳」「生命の尊厳」の確立を!と一致したのであります。

この大いなる希望を担い立つのが、「人間教育の最高学府」にして「新しき大文化建設の揺籃」たる、わが創大であり、わが短大なのであります。
 

一、歴史の転換点に立つ皆さんに、時代の烈風は一段と厳しいことでしょう。

しかし、だからこそ、偉大な使命を自覚して勇敢に立ち向かうならば、艱難をも飛翔の力へ変えて、計り知れない高みへ上昇することができます。
 

世界中から集った良き学友と共に、この創価のキャンパスにみなぎる「負けじ魂」を呼吸しながら、第一級の学究と価値創造の翼を、たくましく朗らかに鍛え上げてください。

そして空飛ぶ者の王たる大鷲のごとく堂々と、地球民族を結び高めゆく「王者の青春」を乱舞していただきたいのであります。
 

愛する皆さんの健康と友情と勝利を祈りつつ、一首を贈ります。
 
 
嵐にも
  挑み飛び征け
   恐れなく
   勇気と英知の
     翼光らせ

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。