牧口常三郎先生生誕150周年記念インタビュー㊤ 徹底責任個別指導の進学教室✎ 未来義塾✎✎

お問い合わせはこちら

牧口常三郎先生 生誕150周年記念インタビュー㊤ 

徹底責任個別指導の進学教室✎ 未来義塾✎✎

牧口常三郎先生 生誕150周年記念インタビュー㊤ 徹底責任個別指導の進学教室✎ 未来義塾✎✎

2021/09/12

牧口常三郎先生 生誕150周年記念インタビュー㊤ 
東京学芸大学名誉教授 斎藤 毅 先生

 

 

 牧口常三郎先生 生誕150周年記念インタビュー 東京学芸大学名誉教授 斎藤 (たけし) 氏に聞く㊤2021911

牧口常三郎先生

牧口常三郎先生

 牧口常三郎先生の(せい)(たん)150周年を記念して『「人生地理学」からの出発』が7月、(おおとり)書院から発刊された。

日本地理教育学会元会長で東京学芸大学名誉教授の斎藤(たけし)氏が、本紙に()せた同名の(れん)(さい)に新たな2章を加えるなど、編集・再構成したものである。

地理教育者として出発した牧口先生が、日蓮仏法に()()し、(じっ)(せん)する中で、なぜ創価教育学会の(そう)(りつ)(いた)ったのか。

(にち)()(せん)(そう)前夜の1903年、牧口先生が(あらわ)し発刊された『人生地理学』が、平和の道を()(さく)する9・11から20年の現代社会に()()けるメッセージとは何か。

斎藤氏へのインタビューを㊤㊦の2回にわたり(けい)(さい)する。

  

「人生地理学」からの出発

 〈『人生地理学』という書名に、どのような意味が()められているとお考えですか〉

斎藤 毅 氏

実は、日本では、地理学の本質が意外に知られていません。

地理学の本質とは、一定の世界観に(もと)づいて、さまざまな方法で「世界像」を(もと)めていくものといえます。
  
自分たちの()らす世界をどう見るか――この世界像とは「メンタルマップ」の一種ともいえますが、頭の中にある、もっとダイナミックな世界地図のことです。

例えば、近所の知り合いの家に行く時にも、あなたの世界像が働いています。

また、ラジオで台風が(しおの)(みさき)の南を北東に進むと聞けば、東海地方や関東地方の人々は必要な(そな)えを急いだりするでしょう。

その時、あなたは頭の中の、もう一つの世界、つまり世界像の一部を活用しているのです。

この世界像の()()を形作るのを()(えん)していくのが、地理教育の大きな目的の一つなのです。
  
世界像の形成には、()()の確立が欠かせません。
  
明治時代の書物を見ると、(ふく)(ざわ)()(きち)の『世界(くに)(づくし)』や内村(かん)(ぞう)の『()(じん)(ろん)』など、いずれも日本を代表する思想家による地理の(ちょ)(さく)があります。

哲学者カントにも『自然地理学』という書物があります。

カント研究者でも読まない人が多いでしょうが(笑い)。
  
福沢諭吉や内村鑑三らが(げき)(どう)する国際情勢を正確に(にん)(しき)できていたのは、自己を確立し、豊かな世界像を持っていたからではないでしょうか。
  
地理学は一つの(てつ)(がく)であり、自然観や世界観、ひいては人生観を豊かにし、安定したものにする学問です。

その意味で、逆に自己を確立する上で不可欠なのです。
  
また、『人生地理学』の「人生」とは、「人間生活」のことです。

『人生地理学』は、私たちを()()く多様な(かん)(きょう)と「人間生活」との関係を見つめ、地球的な()(てん)から示された、ほかならぬ牧口先生の豊かな世界像なのです。
  

 

地理学を通して(ゆた)かな人間観を。
多様な世界像が(きょう)(そん)する社会へ

〈地理というと、歴史とともに、とかく暗記科目という印象がありますが、私たちが生きていく上で必要不可欠な哲学の一つなのですね〉
  
地理学は、英語で「Geo(ジオ)graphy(グラフィー)」です。「Geo」は大地や地球、「graphy」は記述したものという意味なので、(ちょく)(やく)すると「地球を記述したもの」。

地理学の歴史とは、人類が世界像を(もと)めてきた歴史でもあるのです。
  
近代地理学が形成される以前、中世の西洋に、今では「T(ティー)O(オー)マップ」と()ぶ地図がありました。

まず「O」を書いて、その中に大きく「T」を書き入れます。東が上になり、大陸の(きょう)(かい)を示す「T」が地中海、タナイス川(ドン川)、(こう)(かい)、陸地はアジア、ヨーロッパ、アフリカの三つに分かれます。

中心が(せい)()エルサレム。

これが当時のキリスト教の世界像だったわけです。

また、仏教には(しゅ)()(せん)を中心にした世界像があるように、宗教は、それぞれの世界像を持っています。
  
こうした世界像が大航海時代などを()て、現在、広く使用されているような、科学的世界観の()()となる世界地図になっていくわけです。
  
人間は(だれ)しもが(おの)(おの)の世界像を持っており、現代人は学校教育で学んだ科学的世界観を共有しています。

しかし、実際には民族や文化、宗教等による(かたよ)りがみられ、時に(しょう)(とつ)も起きます。
  
現代の世界は、多様な世界像を持つ人々の集団が共に()らす社会です。

国際理解には、多様な世界像を持つ人々との(きょう)(そん)のために(そう)()の対話が不可欠なのです。
  
ここで重要なのは、世界像とは単に大陸や海、島、山、あるいは気候や動植物だけではなく、さまざまな国や地域で生きる人々が、その地の自然(かん)(きょう)をいかに読み取り、生活様式――つまりは文化を組み立ててきたかに注目していくという点です。

牧口先生の『人生地理学』は、ここに重点が置かれているのです。

斎藤毅著『「人生地理学」からの出発』(鳳書院)

「人間の地理学」を(さき)()けて(てん)(かい)

〈『人生地理学』について、斎藤先生は「(きわ)めてユニークで()()()んだ地理書」「とかく(かた)いイメージの地理学の書物とは思えぬほど、楽しく読むことができる」と評されています〉
  
 実は戦後しばらくの間、日本の地理学界は、自然環境へ感情移入することに()(てい)(てき)でした。

そうした中、1970年代にイーフー・トゥアンという地理学者が「人文主義地理学」と()ばれる考え方を(てん)(かい)します。
  
例えば、富士山は単にマグマが(たい)(せき)して生まれた地形という物理的な(とら)(かた)もできますが、時に私たちは(しん)(せい)(れい)(ほう)として見ることがありますよね。

心を通して自然を捉えていく。

心を(とう)(えい)して意味付けをする。

人間らしく空間を捉える人文主義地理学の考え方は、いわば「人間の地理学」ともいえます。

この考え方が日本に輸入される70年以上も前に、それを示されていたのが牧口先生ではないか――そう私は考えています。

これは『人生地理学』の一つの再評価につながっていくはずです。
  
トゥアンが(てい)()した(がい)(ねん)に「トポフィリア」があります。

日本でも(しょう)(かい)され、地理学の思想に多大な(えい)(きょう)をもたらしました。

トポフィリアとは、「トポス(場所)」と「フィリア((へん)(あい))」の合成語で、場所への特別な(あい)(ちゃく)を表します。

富士山を霊峰と捉えるのもトポフィリアです。
  
日本地理学会元会長の竹内啓一氏(故人)は、牧口先生が『人生地理学』で100年以上も前に(だい)(たん)(てん)(かい)されていた概念こそ、このトポフィリアの思想ではないかと()(てき)しています。

これは世界像の形成と関わる重要な問題であるとともに、牧口先生の思想を(けい)(しょう)し、(はっ)(てん)させる上でも大切な課題です。

堂々たる威容で人々を引きつける富士山

〈竹内氏は「創価学会の(そう)()(しゃ):知られざる地理学者」を(ふく)む英文(ちょ)(さく)を2000年に発表しています。

斎藤先生が牧口先生に関心を持たれた当時は、牧口先生や『人生地理学』に関する研究はあまり進んでいなかったと(うかが)いました〉
  
1970年ごろ、私は鹿児島大学で(きょう)(だん)に立ち、柳田國男の日本(みん)(ぞく)(がく)について地理学方法論の立場から研究していました。

東大の安田講堂を(せん)(きょ)した()(よく)学生が()(どう)(たい)(はい)(じょ)されたのが69年。

(はげ)しい学園(ふん)(そう)()()の残る時代でしたが、「学問とは何か」を()()める(けい)()ともなりました。

地理学についても、あらためて考えたものです。

この(ころ)の地理学といえば経済地理学が中心で、中でもマルクス経済地理学に(けい)(とう)する研究者が多く、そこでは人々や生活を()()く環境(いん)()(けい)()されていました。

環境因子を(じゅう)()し、そうした(ゆい)(ぶつ)(ろん)(てき)な地理学からの(だっ)(きゃく)を考える中で、たまたま手に取ったのが『人生地理学』だったのです。
  
『人生地理学』は、そうした意味でマルクス経済地理学の(たい)(きょく)にあるともいえます。

私自身、地域の文化や民俗に強い関心があったのですが、当時の地理学では、文化や民俗を(たい)(しょう)としないのが一般的でした。

しかし、これらに真正面から取り組む『人生地理学』は、とても()(りょく)(てき)で、(しん)(せん)に感じました。
  
鹿児島大学では「教育の(かく)(しん)(てき)(じっ)(せん)(しゃ)」と題し、柳田國男と牧口先生の二人を取り上げ、仲間と共に「地域と教育」のテーマで、市民を対象とした公開(こう)()を開きました。

柳田と牧口先生は、()()()(いな)(ぞう)を中心とした「(きょう)()(かい)」で、主に農山村に出向き、その伝統文化や民俗の調査のためのフィールドワーク(野外調査)を続けます。

この郷土会から多くの人材が(はい)(しゅつ)されていったのも(きょう)()深いことです。

「郷土会」の集い。前列左端が牧口先生、同右から2人目が柳田國男、左上の囲みが新渡戸稲造(1922年5月)

地球的()()から()(へん)(せい)を強調

〈牧口先生が北海道(じん)(じょう)()(はん)学校(現在の北海道教育大学)地理科(たん)(とう)(じょ)(きょう)()、また、付属小学校の(くん)(どう)(教諭)として行われた授業の特色は何でしょうか〉
  
当時、「地理」という科目が小学校にありましたが、その教え方は、なかなか(むずか)しかったようです。

とかく地名・物産の暗記を()いることになりがちだからです。

牧口先生は『人生地理学』でも、この点に疑問を投げかけています。

そして、教育現場で()(こう)(さく)()()(かえ)しながら、「郷土地理」という(どく)()の教授法を()み出されました。

一番身近な郷土にフィールドを設定し、身の回りの(こと)(がら)から世界とのつながりを教えていこうというものです。
  
例えば、自分の着ている服を作る材料となる「綿(めん)」を生産する国をたどることで、世界に目を向けさせ、「(いち)国民」であると同時に、「一世界民」であることも伝えています。

この教授法は、『教授の統合中心としての郷土科研究』として結実します。

牧口先生の『教授の統合中心としての郷土科研究』

ところで、『人生地理学』は大変に好評で、何度も版を重ねています。

私が持っているのは5版なのですが、その後も版が増えています。

なぜ、そんなに売れたのでしょうか。
  
これは意外に知られていないことだと思いますが、一つには、当時、主に小学校の教員を対象とした文部省中等学校教員検定試験というのがありました。

(なん)(かん)の試験です。

牧口先生は、初期に行われた、その試験の「地理地誌科」に合格し、北海道尋常師範学校の地理科担当の助教諭になりました。

『人生地理学』は、この地理の受験者たちの教科書的(そん)(ざい)となり、必読書ともなっていたのです。

1903年に発刊された『人生地理学』の初版本

 

〈『人生地理学』は全34章、1000ページを()える(たい)(ちょ)です。初めて読む(かた)に、お(すす)めの章はありますか〉
  
まず、第6章の「(さん)(がく)および(けい)(こく)」です。

最も分かりやすく、大変に熱をこめて書かれています。

先ほどの富士山をはじめ、山岳を単なる物理的な存在ではなく、あくまで日本人の自然観に基づいて、例えば(さん)(ちょう)を「神の()」とするなど、日本人の心を通しながら見ていきます。
  
第25章の「(こっ)()()(ろん)」もお(すす)めです。

これは、現代における地政学の考え方が(ふく)まれるなど、単なる国家論ではなく、世界的視野から諸国家の特性を()(かく)しつつ(ろん)じたものです。

政治地理学的な内容で、国際関係への積極的なアプローチに関心があったことがうかがわれます。
  
「人生地理学」という言葉もそうですが、牧口先生は言葉を(どく)(そう)(てき)につくられる人でした。

「国家地論」も、その一つでしょう。
  
第28章の「生存競争地論」では、人類史を()(かん)し、世界全体を見ていく一つの()(てん)(えが)かれています。

ここでは、国際社会の在り方について、人類は軍事的競争、政治的競争、(けい)(ざい)(てき)競争を経て、これからは人道的競争を目指すべき、と提言されています。
 

 

世界とのつながりを(ふく)(がん)(てき)(えが)
自分も他者も(はん)(えい)しゆく道を(てい)(しょう)

〈『人生地理学』が出版された当時は、(にち)()(せん)(そう)直前の(げき)(どう)()でした。『人生地理学』では「人の物を(ぬす)むものは盗として罪せらるるも、人の国を(うば)うものは、かえって強として()(けい)せらるる時世」と(つう)(れつ)(けい)(しょう)()らされた上で、「他を(えき)しつつ自己も益する方法を選ぶ」(「生存競争地論」)と(うったえられています。この「他を益しつつ」とは、危機

 

 

)の時代を生きる私たちにとっても大切なメッセージとなるものです〉


  
『人生地理学』では、自らの(りっ)(きゃく)(てん)(にん)(しき)するため、私たちは郷土の「一郷民」であり、日本の「一国民」であり、世界の中で生きる「世界民(世界市民)」であるとの自覚を(うなが)されています。 これは、身の回りの平和と国際的視野での平和、その両面の視点を(つちか)っていくことにもつながります。
  
地理学者ならではの発想だと思うのですが、牧口先生は、広い視野から(ふく)(がん)(てき)に世界とのつながりを見て、人類という視点からの()(へん)(せい)を強調されています。

この世界像こそ、牧口先生ならではのもの。

そして「他を益しつつ」と、自分も他者も共に(はん)(えい)する道を()()けていくことは、私の理解するところでは、まさに日蓮の思想そのものなのだと思います。

 

【プロフィル】さいとう・たけし 1934年、東京生まれ。理学博士。

東京学芸大学名誉教授。専攻は地理学、地理教育論。日本地理教育学会元会長、日本地理学会名誉会員。

著書に『漁業地理学の新展開』『発生的地理教育論――ピアジェ理論の地理教育論的展開』など多数。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。