東京オリンピックから学ぶ✎  徹底責任個別指導の進学教室✎ 未来義塾✎✎

お問い合わせはこちら

東京オリンピックから学ぶ✎
  徹底責任個別指導の進学教室✎ 未来義塾✎✎

東京オリンピックから学ぶ✎  徹底責任個別指導の進学教室✎ 未来義塾✎✎

2021/08/28

東京オリンピックから学ぶ✎ 

 

2021.08.28  「名字の言」より

 

過去さいとなる58個のメダルをかくとくした東京五輪の日本選手団。

とりわけかつやくが光った競技が、男女ともに金メダルをりょうさんしたじゅうどうだろう。

やくしんたてやくしゃは、井上こうせい男子かんとくだ。

9年前、男子が史上初めて金メダルゼロに終わったロンドン大会の後、“おいえげい”の再建をたくされ、34歳のわかさで監督にしゅうにん

旧来の精神論だよりではなく、データぶんせきもとづいた練習を取り入れるなど、じゅうなんはっそうで「自立した選手の育成」を目指した。

“自分の時はこうだった”と現役時代の経験をけず、一人一人に合った指導をこころけたとも。

勝てば選手のがら、負ければ監督の責任――この“共に戦う姿せい”が自立心としんらいはぐくみ、日本柔道の復活はげられた。

スポーツの世界に限らず、いかなる事業も現状や過去の成功にあんじゅうしたままでは、時代の波に取り残される。

中心者の意識へんかくはもとより、一人一人が主体者となって行動を起こしてこそ、新たな前進のうずが生まれよう。

「何事も受け身で、人に言われて動いていれば、つまらないし、勢いも出ない」

のうどうか、じゅどうかによって、心のねんしょうじゅうじつは、まったことなる」と池田先生はつづる。

変化を待つぼうかんしゃではなく、変化をつくるそうぞうの人でありたい。(仁)

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。