「栄光の日」のメッセージ 八王子市個別指導の学習塾 未来義塾

お問い合わせはこちら

「栄光の日」のメッセージ 
八王子市個別指導の学習塾 未来義塾

「栄光の日」のメッセージ 八王子市個別指導の学習塾 未来義塾

2021/07/18

東西創価学園「栄光の日」の集いに寄せられた池田先生のメッセージ  2021年7月18日

 

探究・挑戦で価値創造の力を鍛えよ

マンデラ氏との初会見。池田先生は、長編詩「人道の旗 正義の道」を贈り、不屈の人権闘争をたたえた(1990年10月、旧・聖教新聞本社で)

マンデラ氏との初会見。池田先生は、長編詩「人道の旗 正義の道」を贈り、不屈の人権闘争をたたえた(1990年10月、旧・聖教新聞本社で)

 

一、はげしいらいえた空にかかるにじは美しい。
 わが学園生は、この1学期、打ち続くれんにもむねって、友とはげまし合い、走り切ってくれました。
 青春の心の大空に、希望の虹、友情の虹、勝利の虹をかけゆく「栄光の日」、まことにおめでとう!
 

一、今日きょうは一点、「地球民族の未来へ、虹のスクラムを!」ともうげたい。
 全ての人種が平等に生きる「虹の国」を目指して歴史をてんかんしたじんけんだいえいゆうが、南アフリカのネルソン・マンデラ元大統領です。創価の青年たちとの出会いを心から喜ばれていた笑顔がよみがえります。
 7月18日は、そのたんじょうとどめる、国連の「ネルソン・マンデラ国際デー」とせいていされています。実に27年半、1万日におよごくちゅうとうそうつらぬき、人種かくせいさくてっぱいし、今も人類をはげましてやまない、この正義のがんくつおうの原点は、一体、何であったか。
 それは、わかき日にそんけいする長老から学んだ人間学でした。がいが対立し、ろんがぶつかり合う地域の会議で、長老はずっともくしてみなの意見にみみかたむけていました。そして最後に口を開き、一人一人にいながら、皆がなっとくする合意点へとみちびいていったのです。マンデラ青年は、そのと信念の姿すがたを心にきざみ、「こんよく耳を傾け」「自分の意見を述べる」(『自由への長い道――ネルソン・マンデラ自伝〈上〉』東江一紀訳、日本放送出版協会)じっせんを重ねていったのです。
 私たち学園のこうくんかかげられた「真理を求め、そうぞうする」、また「しんらいきょう調ちょうを重んずる」、そして「自分のしんじょうを堂々と述べ、正義のためには勇気をもって実行する」精神ともいっします。
 私も皆さんの創立者として、マンデラ元大統領をはじめ世界中の知性と、あらゆるえて対話を重ね、平和の虹をかけてきました。
 どうか、わかき創価の世界市民のみなさんは、たんきゅうの心を大きく開いて、全てが勉強だと生き生きと学んでいってください。
 そして、良き学友たちと、それぞれの個性をび伸びとみがき合いながら、色とりどりの虹のスクラムを広げ、先人たちが夢に見た地球民族の平和と共生の未来へ、希望の光をはなっていただきたいのです。
 

一、今年、せいたん150周年をきざんだ牧口先生は、どの青年もらしい可能性をかがやかせ切っていけるよう励まされました。そのために、自分のとくなことを伸ばすとともに、不得意なものにもちょうせんする。そこに自分の価値がはっされる、と教えられたのです。
 さあ、勉学に語学に、読書にスポーツに、おもぞんぶんいどんで、価値創造のちからきたえゆこう! 大変な社会じょうせいの中、皆さんをささえてくれているとうとき御家族に、くれぐれもよろしくお伝えください。みな、健康・無事故で!(大拍手)

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。