お問い合わせはこちら

君も一緒に学ぼう! 八王子市個別指導の学習塾 未来義塾です

君も一緒に学ぼう! 八王子市個別指導の学習塾 未来義塾です

2020/06/28

本日は我が師匠池田大作先生の「未来に輝く知性の宝冠」をご紹介いたします。

 

 

〈未来に輝く知性の宝冠〉 

キューバ ハバナ大学    2020年6月28日

何よりも美しきは「人間」
「ペンのちから」で民衆をし「万人のため」 平和を開く 
 
1996年6月、キューバ最古のハバナ大学から、日本人初となる「名誉人文学博士号」が池田先生に授与された。“芸術の粋(すい)”を集めた同大学のアウラ・マグナ(大講堂)での授与に続き、先生は「新世紀へ 大いなる精神の架橋を」と題して記念講演を行った
1996年6月、キューバ最古のハバナ大学から、日本人初となる「名誉人文学博士号」が池田先生に授与された。
“芸術の粋(すい)”を集めた同大学のアウラ・マグナ(大講堂)での授与に続き、
先生は「新世紀へ 大いなる精神の架橋を」と題して記念講演を行った。
 
 

 

 

 

 「カリブ海のしんじゅ」とうたわれる中米・キューバ。
 その海の青さにも、まちそうれいさにもまして、何より美しいのは「人間」であった――池田先生はつづっている。

 先生は1996年6月に同国をほうもんし、いくこんなんいながらも、心豊かに生きる人々の、ほこりとちからづよさを感じ取った。

 同月24日午後にとうちゃくし、26日午後には、次なる訪問地であるコスタリカへ。

実質2日間にたないキューバたいざい中、先生には、ハバナ市「最高ひんきゃくしょうごう、国家くんしょうである「フェリックス・バレラ勲章勲一等」、そして、ハバナ大学の「名誉人文学博士号」が相次ぎじゅされた。
 先生は、キューバと日本の間に友情の橋をけるべくほんそうしてきた。

 

民主音楽協会(民音)の招へいで、キューバの音楽・芸術団体による日本公演がスタートしたのは81年。

ちゅうにち大使らと文化交流をめぐる会見を重ね、キューバ訪問のようせいも受けていた。
 96年の訪問は、同国文化省の招へいによるもの。

キューバ社会からのけんしょうは、文化のちからを通して、平和にくす先生への高い評価のあらわれにほかならなかった。
 

中でも、同国最古の歴史をほこるハバナ大学がたたえたのは、先生の長年のしっぴつ活動であった。
 6月25日、同大学のアウラ・マグナ(大講堂)で行われた「名誉人文学博士号」の授与式で、ヴァルデス総長(当時)は語った。

 池田氏は、作家、詩人、てつがく者であり、そのちょさく活動は「みんしゅうこうりゅう」と「平和へのこうけん」をじくにしたものである――と。

 「ペンの力」で民衆をし、平和を開く。こうした先生の行動は、“キューバ独立の父”ホセ・マルティが、生涯つらぬいたとうそうとも重なるものであった。
 ◇ 
 1492年、コロンブスが“新大陸”への航海でとうたつした島の一つがキューバである。

スペインのとうは約400年にわたり続き、人々はにんじゅういられた。

1868年、第1次独立戦争がぼっぱつ

10年間の長い戦いの末、独立かくめいすいに終わる。

16歳で運動に身を投じたマルティは、政治犯としてとうごくされた。

 

こうも何度となく追放され、その生涯を、祖国よりも長く海外で過ごした。

命のとなわせの日々の中で、わかき革命児はげんろんとうそうに立ち上がった。

16歳にして新聞をそうかん。植民地政府の非道を告発する本を出版し、さらにラテンアメリカ各地の新聞に稿こうした。

ぼうめい先でもほのおのペンを走らせ、「独立の心」をしていったのである。

革命党をそうりつし、95年に始まる第2次独立戦争ではその先頭に。

そして同年5月、せんとう中にだんし、独立の夜明けを見ることなく、42歳の生涯をじた。
革命のために武器を取りながらもマルティは、そうぜつな精神闘争をひろげ、敵も味方も、全ての人の自由を願う、とうてつした人間観を確立していったのである。

 マルティは言った。
 「祖国を代表し祖国をまえにしてその持っている一切のにくしみをてることを宣言する」(神代修訳『キューバ革命思想の基礎』理論社)
 

ぞうに対する戦争こそ、「ゆいいつの戦争」であると考えたマルティは、あくまでも「平和革命」を志向していた。
 

そして、人間の上に人間を置くことにけいしょうを鳴らし、他の人々を利用しようとするばんせいを、のぞく道をさぐっていった。

 これは、先生とマルティ研究でちょめいなヴィティエール博士が、対談の中で語り合った点でもある。

 るがぬ人間へのしんらいと民衆ほうの精神は、マルティの死後も、キューバはってんの道しるべとなっていく。
 1902年にスペインから独立した同国は、その後もアメリカの事実上の支配下に置かれ、親米せいけんによるどくさいが始まった。
 

「キューバ革命」で独裁政権をとうしたのは59年。

のちに国家評議会議長にくカストロ氏が、その中心的そんざいだった。
 

96年6月のキューバ訪問の折、池田先生は、ハバナ市内の革命きゅう殿でんにカストロ議長(当時)をひょうけい訪問。約1時間半にわたって会見している。

議長は、革命の道徳的ばんはマルティにあり、公平と平等をかかげる「モラル革命」、「教育革命」であると位置付けていた。事実、キューバは、教育、りょうの無料化や、ほぼ100%の識字率を実現。ちんぎん格差を解消し、しょくりょうや物資の配給制をいた。
 

ハバナ大学は、その推進力となった。
字が読めない国民のため、集まった“志願教師”のちゅうかくが同大学の学生や卒業生だった。都会の青年たちが、農村へ。昼は農作業を手伝い、夜は明かりの下で文字を教えた。
 「万人とともに、万人のために」。このマルティの精神をたずさえてきたのが、同大学なのである。
 ◇ 
 同じ社会主義国だったソ連のほうかい。アメリカとの関係の悪化。96年6月当時、キューバをく国際情勢はきびしかった。
 

それでも、“人間と会い、友情を結ぶ。

全ての道は、そこから始まる”と、訪問を決めた先生。
 その後もマルティを通して、キューバの美しくも気高い精神を、世界に発信し続けてきた。
 

みなさまのキューバ訪問は、平和に貢献する人間主義を主張する上で、重要なことと思っています」
 

そう語ったカストロ議長をはじめ、歴代の文化大臣、ハバナ大学の関係者らキューバ各界の多くの識者が、先生へのけいあいと信頼を深めていった。
 

名誉人文学博士号の授与式の3カ月後、ハバナ大学と創価大学は学術交流協定をていけつした。

以来、こうかん留学生が毎年のように往来している。

2017年には、スアレス前総長も創大を訪問した。
 

また、歴代のちゅうにち大使も創大を訪れ、学生や教職員と交流を重ねてきたほか、民音の招へいによる、キューバの音楽団体の日本公演も活発に行われてきた。

 2007年に法人にんされたキューバ創価学会の同志も、“良き市民”となって社会貢献の道を歩む。
 

「生きるということは世の中のためにぜんを行うということである」(青木康征・柳沼孝一郎訳『ホセ・マルティ選集第2巻』日本経済評論社)
 マルティの言葉をめて、先生が築いた平和と教育と文化の橋を、多くの若人わこうどたちがわたっている。

 
ガルシア教授

 (池田)博士は、人道主義を重んじ、みんしゅうの中でかんよう性と理解をもって「人間のそんげん」を守り、調和の未来へとしょうさせる努力をされています。
 

よって当大学の義務は、これをにんしきし、池田大作氏にしょうごうじゅすることであります。

なぜならこうけつな教えを語る人への感謝は、すべての人間の義務だからです。(中略)
 

池田氏は、精神的価値のこうりゅうには、文化や社会の向上に向けての個人の参加がけつである、と考えておられます。

理想を目指すたゆまぬ努力の人であり、同時に、当面の現実に対しても、たゆまぬ努力の人であります。

この見地から、池田氏の思想の要素を、うかがうことができます。
 すなわち、各個人が責任を有し、精神的に成長し、ドグマとエゴイズムをこくふくするところに、人間と人間、人間と自然が共生できる可能性を見いだしうる、とするものです。

つまり、受け身的な消極性とか無益なしん主義でもなく、われわれかんきょうにとって真に必要である課題をこす思想なのです。(中略)
 

本日の式典は、ただ単に世界的な人物を、たたえているだけではありません。

私どもが、「責任を果たす」という決意を表明することによって、氏に真のけいを表す式典でもあるのです。

すなわち、我々の知識をはばひろい精神性へと高め、ハバナ大学に、どくそう的かつ完全なる良識と調和した場所をそうしゅつしゆくことをもって、私どもは、この「責任」を果たしたいと思うのであります。(名誉人文学博士号の授与式〈1996年6月25日〉から)

 
キューバ最古の大学 教育立国の発展をリード

 

キューバの首都ハバナに立つ、ラテンアメリカくっの名門学府。

1728年に設立され、同国最古の歴史をほこる。
小学校から大学までの教育費の無料化、100%にせまる識字率など「教育立国」として名高いキューバのはってんをリード。

カストロ国家評議会元議長ら国家元首をはじめ、各界にゆうの人材をはいしゅつしている。
文学、生物学などの学部と研究所に、1万4000人の学部生や大学院生らがざいせき

50以上の国際機関に所属し、海外の大学と400以上の学術協定を結ぶ。

 

 


 

 
 
 
 mirai_0115 

 

 

未来義塾は君を応援します!!!

 

 ★  ★ ★ ★ ★ 

 

 

 共々に成長しよう!!

 

 

 

未来義塾北野駅前校

住所 〒 192-0906 東京都八王子市北野町547-14-201 アルプス前
受付時間 月曜日~土曜日 15:00~21:00
お休み 日曜・祝祭日
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1Mm9U9p

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。